やはり英語は「暗唱」なのか?


最新動画はこちら!

\ 続々アップ中です!観てね!/

#416 【ライブ】英語の発音思ったとおりにできてますか?(うまくできないときのチェックポイント)

あなたは、英語を「暗唱」するのはむずかしいと思いますか?

こんにちは!

大人の英語の勉強を楽しくしたい!なりきり英語のススメ☆のめぐぺ。です。

このブログでは、英語の勉強のことやそれ以外のことについても紹介しています。

Follow 西澤めぐ公式ブログ on WordPress.com

おとといのライブ配信。

視聴者さんからTOEICについて質問いただいたことは

昨日の記事にも書いていたのですが、

想像してみてください。自信を持って英語をはなしている姿を!

ほかにもこんなおはなしがありました。

「PART3&4の英文を、それぞれ50回ずつシャドーイングした。」

「おかげでだいぶわかるようになった」

「速いスピードにはついていけない」

(部分的にピックアップしました)

リスニング問題のスコアアップをしたい!と思ったとき、

とにかく聴く練習ばかりをしていませんか?

より「確実に」聴こえる耳をつくるためには、

聴くばっかりじゃなくて、自分で声に出して練習する

ことも大事なんですよね。

なぜなら、

自分が聴こえないものは発音できない。

自分が発音できないものは聴こえない。

とも言われているから!

え?

相手が言っていること(英語)はわかるけど、

自分では言えないって?

それは、「はなす訓練をしていないから」

ということも大いにありますね。

聴くこと=受動的なものですが、

はなすこと=能動的となるので、

自分でことばを組み立ててはなすのはちょっとコワイ、

と思うかもしれません。

となると、やはり、

自分の英語に(もしくは自分に)自信があるかどうか?

ということになってきそうですよね。

先日のライブでの視聴者さんに対して、

わたしがお伝えしたのは、

「声に出して練習するときの方法としては、

文字を見ながら音声と一緒に言う、

文字を見ないで音声と一緒に言う、

文字も音声もなしで言う、

など(すくなくとも)3つがあります。」

文字も音声もなしで、というのは、

聴いた内容をおぼえて自分で再現するという技術

(リプロダクション)でもありますね。

くわしい方法は、こちらの本でも紹介されています。

CD付 英語リプロダクショントレーニング ビジネス編: 通訳メソッドだから「確実に話せる」を実感できる! (CD BOOK)

この、英語のリプロダクションのはなしをしたときの

視聴者さんの反応が、

「やはり英語は暗唱なんですね。」

でした。

部分的に単語はひろえるけど細かいところがわからないのは、

聴こえる音と文字で見たときの単語がつながってない

ということもあるし、

文字で見たらわかるけど音になったらわからないのは、

目で見ている単語が発音したらどうなるのか?がわからない

というのもありますよね?

なので、

聴く↔見る

の相互練習をすることで、

文字としての情報と耳からの情報が合致する

ようになり、

さらにそこに、

自分で声に出して言う(はなす)

をくわえることで、

インプット→アウトプットができるようになる。

さらにさらに!プラスして、

ディクテーション(書く)

までやれば、英語に必要な4技能を総合的にきたえる

ことができますね〜(*´σー`)エヘヘ

音読練習はやっている!という人も多いんですが、

意外と文字で確認するということまではしていない

という人も多いんです。

めんどくさいんでしょうかね?

でも、なんとなーくで聴いたものは、

なんとな~くの理解になってしまうので、

どこまで行ってもなんとな〜く、になってしまうんですよね。

TOEICの試験でも、

リスニングの問題ではたしかに英語を聴くことも大事ですが、

問題は英文だったりするので、

瞬時に見ると聴くを切り替えなくてはいけません。

と考えると、

普段から切り替える練習(相互トレーニング)をすること

は大事だというのがわかりますよね!

で、

そこからワンランクアップするための練習が、

リプロダクションではないかとわたしは考えます。

ひとことで「暗唱」と言われても、

「大変そう」「むずかしそう」「できない」「めんどくさい」

なんて思ってしまいそうですが、

ちょっと思い出してみてください。

TVのコマーシャルでも、ずーっと観ているうちに

いつのまにかセリフおぼえてもたわ!

ということ、ありますよね?

よっぽどインパクトのあるものは1回でもおぼえますが、

それほど気にしてなかったものでも何度も観ていたら

知らぬ間に言ってしまっていた、、、りする。(でしょ?)

英語も、ずーっと聴いていたら、

完ぺきではなくても多少なりとおぼえることは可能です。

もちろん、根気も必要ですが。

わたしも、超速音読の練習を数ヶ月やり続けていた結果、

しばらく間があいたとしてもやりはじめるとすぐに

内容を思い出せるようになっています。

おぼえるということは時間のかかる作業でもありますが、

英語の型をおぼえるということでもあるんですよね。

わたしはこれまでに、

たくさんの英文を暗記&暗唱してきましたが、

いまのわたしの英語力にいかされている!

と実感しています。

最初はちょっとハードルを感じるかもしれませんが、

英語力を上げたい!スコアアップしたい!

という人はぜひ、ためしてみてください。

最後に、

これから暗唱してみよう!という方のための

ポイントを書いておきます。

===========================================

☑はじめからあまり長いものをおぼえようとしなくてOK!

まずは短文から、だんだんと長さを変えてみましょう。

☑スピードも、通常スピードだとついていけないというときは、

ゆっくりめに読みながら、単語ひとつひとつの発音を確認

してください。

☑つながった音に意識が行きがちですが、

ひとつひとつの単語の発音を正確にすることはとても大事!

だということを忘れないでくださいね。

===========================================

わたしも超速音読をするときに、

口がうまく動かない!(イラ!)となったときは、

英文をゆっくり読んでみたり、

気になる単語にフォーカスして練習してみたり、

しています。

気持ちがあせることもあるかもしれませんが、

こうした細かいところを丁寧にやっていくことで、

あなたの英語の耳は確実にやしなわれていきますよ!

ライブは来週も予定しています。気になった人はぜひのぞいてね!

最新動画を逃したくない!という人はこちらから!

↑クリックしてYouTubeをフォロー


めぐぺ。に話題にしてほしい英語の勉強に関するギモンやご質問を募集中!

くわしくはこちらから

英語美人最新版ができました!(Vo.2)

これから英語を勉強する人、なかなか勉強が進まないことで悩んでいた

という人に、知ってるだけでグッと楽になる情報を紹介しています!

英語美人は表裏で1セット!最新号の前半はこちらでためし読みできます。

後半も読んでみたい!という方は、こちらのフォームからお知らせください。

「英語美人」冊子申込フォーム


↑クリックしてTikTokをフォロー!
↑クリックしてTwitterをフォロー!

📙めぐぺ。愛用本はこちら!

<濱崎潤之輔さん公認!>

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントはこちらから!