一般人でもできる東大王の勉強のヒケツ


おはようございます。

めぐぺ。です。

 

昨日のブログのお知らせツイートをしたら、

『TOEIC L&Rテスト 990攻略(以下、990攻略)』の濱崎潤之輔さんに

「いいね」していただきました(๑˃̵ᴗ˂̵)و

著者の方に愛用書アピール成功?

サムネイル写真がたまたま目についただけ、かもしれませんが、

私の愛用書ですアピールができてよかったです(笑)

 

なお、昨日の記事はこちら。

今ちょうど復習ラウンドしている『990攻略』のリスニングパート。

各パートそれぞれにディクテーション練習があるのですが、

私が練習をしている時に毎回やってしまうクセのことを書いています。

 

なかば無意識ですが、

後から自分が書いた英文を見て、「なんでやねん!」とツッコミを入れています。

脳って不思議ですね。(脳の95%部分は無意識だそうです)

 

一般人でもできる東大王の勉強のヒケツ

先日、『東大王』の番組で、

水上さん、鈴木さん、伊沢さん、鶴崎さんの4人が

東大に入る前の勉強法について話すコーナーがあり、

英単語を勉強するのに使っていた問題集の話をしていました。

 

その時に、東大王の1人である鶴崎さんが、

他の3人が使っていたような問題集は使っていなかったものの、

ひとつの問題集(英単語)をくり返し復習して完璧に仕上げる

ようにしていたと言っていました。

 

地道な努力で東大に入ったんだなと思うと感心しきりですが、

私達の勉強においても参考になるポイントですよね。

 

いろんな問題集を試した方がいいような気もしますが、

気に入った問題集を、何度も何度も何度も解く。

問題文も設問も覚えてしまうくらいまで読み込んで、

なぜその答えになるのか?もくり返し読み返す。

 

応用力をつけたい時は、新しい問題を解いて自分の実力を

確認するのもありですが、

基礎力をつけたい時は、鶴崎さんのように同じ問題集を

完璧にするつもりで取り組んでみるといいのかなと

思います。

 

トレーニングは「正解を選ぶ力」を意識しておこなう

私も、普段は自分が気に入った問題集でくり返し練習

することが多いです。

新しい問題集を使うのは、

ちょっと刺激を入れようかなと思った時。

それまでのトレーニングできちんと「正解を選ぶ力」が

ついているかどうか?を確認しています。

 

たくさん間違えた時は、

どこが読めていないんだろう?

間違いがほとんどなかった時は、

順調に力がついて来ているな!

でも、間違ったところはどこで読み違えたのかな?

という目線で見直します。

ポイントが理解できれば、自分の間違いやすいところを

見つけることもできるので、

ただ答え合わせをして終わりにはしないようにしています。

 

私は、

最初に間違えた分は追々できるようになってやる!

と燃える🔥(萌える)要素になりますが、

間違えることにショックを受ける方も

いらっしゃるかもしれません。

 

そんな「ショックを受けやすい」方は、

「間違った=全然ダメ」な設定にしてしまうと、

自信をなくすことにもなるので

オススメしません。

 

たとえ間違えたとしても、

あくまでもそれは目的地に向かうまでの過程です。

間違ったことが悪いわけではなく、

正解を選ぶ力が「今」の自分には足りていないというだけです。

足りないのであれば、その分補えばいいだけのこと。

どうせ補うなら、楽しみながらやりましょう!

というのが私の考え方です。

 

まとめ

この間の東大王の話を聞いて、

自分の知らなかった世界(東大を目指す人向けの組織や問題集)

を少しのぞくことができて興味深かったです。

 

番組で紹介されていた単語本を使っていたら、

今の自分のボキャブラリーはどうなっていたのか!?

と思ったりもします。

私達は自分がいつも見知っていることが全てになりがちですが、

少し目線を変えれば見える世界はもっと広がるんですよね。

 

私もこれまでの経験だけに執着せず、

より自由に、自分の英語をよりよくする方法を見つけていきたいと

思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントはこちらから!