ホリエモンの『英語の多動力』を読んでみた!


おはようございます。

めぐぺ。です。

 

今朝の話題は、昨日一気読みしたホリエモンの『英語の多動力』。

本屋さんで見かけて、ちょっと興味が沸いたので購入しました。

本を選んだ理由?

以前メンタリストのDaiGoさんの本を読みましたが、

最近は、英語の専門家の方だけでなく、

著名人の方がそれぞれの英語力や英語の勉強法について

本を書くことも増えたように感じます。

 

私は普段から、英語の勉強そのもの含め、

英語の勉強にまつわるいろいろな情報にアンテナを張っています。

自分なりのやり方を確立するのは大切ですが、

自分よがりになってしまうと、

見える世界も狭くなってしまいますよね。

 

また、

自分ひとりで扱える情報量には限りもあるし、

偏りもあるので、時代の先を歩いている人達が

英語をどう捉えているか?については知りたいところ。

ホリエモンの本を読んでみることにしたのも、

そんな興味からでした。

 

本の中身

本は、第1章〜第4章までの4部構成。

具体的には、

  • 英語の勉強に対するホリエモンの考え方
  • 英語に関わる仕事をしている人たちへのインタビュー
  • 英語の勉強法
  • 英語の勉強に使えるアプリの紹介

などが書かれています。

 

小難しいことが書いてあったりするのかなー

と思ったりしましたが、

そんな心配は必要ありませんでした。

どちらかと言うと、

「英語の勉強をする上ではあたりまえ」なことが

ホリエモン目線でわかりやすく書いてあります。

 

本のよかったところ

私が特に気に入っているのは、

ワクワクする勉強だけでいいと銘打ってある第2章。

 

  • 英語の勉強をする具体的な目的があること、
  • まずはひとつのことに没頭すること、
  • 勉強のきっかけは単純なことでいいこと、

などが書かれています。

本を読みながら、自分自身のことを思い出しました。

 

例えば、

英語の勉強をする具体的な目的があること

→ホストファミリーとの会話を楽しみたい!自分の好きなことや旅の話もしたい!

 

まずはひとつのことに没頭すること

→ドリッピーのものまねをひたすらしていた。好きな映画を1000回以上観てセリフを覚えた。

最近なら超速音読で限界スピードに挑戦した。

 

勉強のきっかけは単純なことでいいこと

→大人になったらアメリカに行く(住む)と思っていた(笑)

 

という感じ。

ただ読むだけではなく、自分はどうだろう?と考えながら読むといいですね。

 

より英語力を伸ばすという点では、

WouldやCouldなんていらないというところは違う意見ですが、

話すか話さないかで迷っているくらいなら、

簡単な英語でも話すべきだというのは同感です。

 

他にも、

英語を勉強して第一線で活躍している方達のインタビューの内容も

興味深かったです。

私自身、もっと目線を変えてみたら違う世界があったかもしれないし、

まだあるのかもしれないと感じました。

 

普段の生活の中で、

つい自分の行動や生き方に枠を作ってしまいがちですが、

自分の世界を広げるのは、そういう枠を作らないことなんですよね。

 

まとめ

以上、今朝は読みたてホヤホヤの『英語の多動力』について

書いてみました。

 

英語の勉強をはじめる時のアプローチの方法や、

英語力のトレーニング、持続するために必要なことなど、

英語のプロの目線も交えて書いてあるので、

思った以上に学びも多い本でした。

 

ノウハウばかりを集めても、

実際に勉強しなければ意味がありませんが、

英語を勉強することに悩んだ時など、

読んで刺激にするにはピッタリだと思います。

 

興味のある方はぜひ、チェックしてくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントはこちらから!