「量」か「質」か?問題集の効果的な使い方


おはようございます。

めぐぺ。です。

 

昨日も無事動画アップしました⸜(* ॑꒳ ॑* )⸝♬.*゚

#275 同じ問題集を何度もくり返し使うか?を考えてみた!

 

マイナーネタではありますが、

時々聞かれることでもあり、

自分自身でもいまだに思うことがあります。

問題集についての疑問を考える

同じ問題集を何度もくり返し解くのか?

と、

次々問題集を買うのか?というのは、

とにかくいろんな問題集を解いて、当たる数を増やすのか?

ということですが、

突き詰めると「質」か「量」かという話なんですけど、

結局どちらがいいのか?については正解はないのかな、

という気もします。

 

ただ、いくら当たる問題の数を増やしてみても、

ヤマ勘や当てずっぽうに解いていたら意味はないですし、

数当たった分確実に正解できる実力がついているのか?

が問われますよね。

 

解答が間違っていた場合は、

設問をきちんと読めていたのか?

正解の根拠はどこだったのか?

を確認して、

自分の解答との違いを理解する必要があります。

 

「どちらか」ではなく、「どちらも」が効果的?

私は、間違えた解答があった時、

正解の答えを見るだけではなく、

関係する問題文の箇所を読み直したり、

リスニングの場合は、

問題集のトレーニングにあったように

正解の根拠となる部分を書き出すという作業を

自主的にもしていました。

 

●私が愛用している問題集はこちら

 

意外とこの作業って時間がかかるものなので、

同じ問題集をくり返し使っている私でも、

時々めんどくさくなります(笑)

確認する数は少なくてもそうなのですから、

数が増えるともっと面倒なはず、、、

なんて想像してゾッとしています(爆)

 

それでも、

たくさん問題に当たっておきたい!と思うことは

あるものですよね。

なので、私の考える理想は、

=========================================================

①同じ問題集を何度もくり返し使ってトレーニング

  •  問題を解く時のフローを身につける
  •  確実に正解を選べる力をつける

②①のトレーニングを十分行った後、本番前にたくさん問題に当たっておく

  • 自分の実力を測る
  • ①の成果を確認する
  • 制限時間内に確実に正解できるかを確認する

=========================================================

という形です。

 

どちらかを選ぶというよりは、

両方を上手に使う方がより実力できるんじゃないか?

ということ。

そこも動画で話題にしてもいいポイントかもしれませんね。

 

まとめ

以上、今朝は今週の動画に追加して

私が問題集の使い方について感じることを書いてみました。

 

あなたは、

同じ問題集を何度もくり返し使うかどうか?

についてどう思いますか?

 

すでに習慣となっていることって、

あまり疑問なくしていることが多いですが、

今日はいつもの勉強の前に「自分はどうか?」

を考えてみてください。

同じことをしてみても、また違う発見があったり、

変えてみようと思うかもしれません。

 

こんなことを考えた!

こんな発見をしたのでシェアしたい!

という方はぜひコメントをお寄せください。

 

このブログが誰かの学びになれば幸いです。

 

●あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントはこちらから!