簡単にできる!単語帳のつくり方【ノート編】


おはようございます!

めぐぺ。です。

今日は、私がつくっている単語ノートを紹介させてください!

まず、こちらが私の単語ノート。

こちらの市販の単語帳もよく使いますが👇

新しいものが手元にない時は(結構すぐ使っちゃいますよね!)、ノートも使います。

気になった単語をノートにまとめています!

最近まとめたのは、『TOEIC L&Rテスト 990点攻略』の問題集で気になった単語たち。

TOEICの頻出単語は『金のフレーズ(金フレ)』でひと通りチェックしましたが、

それ以外でもうろ覚えになっていたものや、

とっさに意味が出てこなかったもの、

知っている単語だけど知らない意味もあったもの、

などなど、あとで復習したいと思ったものを書き出しています。

私が単語帳や単語ノートを作り続けている理由は、やはり語彙力をアップしたいから。

知っている単語が増えればわかることも増えるし、わかった!と思える瞬間はうれしいですよね。

そういう瞬間が、「もっと(英語を)勉強しよう!」というサイクルに繋がります。

勉強するときの大前提が、「興味があるということ」なのは、そういうこともあるんですよね。

単語ノートづくりでかかせないもの?

わたしが単語帳づくりに愛用しているのが、こちらの2本のペン。

▷ピンク PILOT FRICTION BALL 0.7mm

▷ブラック ZEBRA SARASACLIP 0.5mm

使いやすいので、もう何年も使い続けています。

どちらも値段は100円〜250円とお手頃なのも使いやすい理由でしょうか(笑)

わたしは筆圧が強めなので、ペンを選ぶときに書き心地がいいかどうかは大事なポイント

だったりします。

単語帳づくりは時間のかかる作業。

たくさん書いても手が疲れにくいというのも重要ですよね!

(➔普段単語の練習をするのに使っているシャープペンシルも、ここ数年おなじものを使用中。)

カラーペンはべつにフリクションでなくてもいいんですが、手のフィット感と字を書くときの

インクの出具合がちょうどいい感じだったので選びました。

また、黒ペンは0.5mmの細めですが、カラーペンは0.5mmではなく、あえて太めの0.7mm

を選んでいます。

これも個人的に書きやすいと感じたほうを選んだだけなので、差がよくわからない

という人は文房具屋さんで書きくらべしてみてください。

簡単にできる!単語ノートのつくり方

私の単語ノートのつくり方はこちらのとおり。

==============================================================

【単語ノートのつくり方】

1.ノートを半分に折る

ノートの片面(右/左)に単語を書き出す(ピンクペン使用)

3.で残った部分に単語の意味を書く(ブラックペン使用)

↑ちょっと違うペン使ってますが、、、(^_^;)

==============================================================

*最近(2019/11)読んだ『同時通訳者が教える脳に定着する超効率英語学習法』には、

人間の視線は基本的に左から右に動くものなので、インプットする方を左、アウトプットする方を右

にするといいとありましたが、この単語帳ではどちらからでも使えます(b´∀`)!

はい、ステップはこの3つだけ!

カラーペンを使っているのは、こんなふうに赤シートをかぶせると見えなくすることもできるから。

ほらね、しっかり隠れているでしょう?

ピンクでなくても、シートで隠れる色ならほかの色でもOKです。

(→私はピンク病なので、主にピンクを使います(´罒`)←聞いてない?)

Incidentally(ちなみに←金フレで出てくる単語)、写真で使用している赤シートは

『金フレ』に付属のもの。

手元にあるものはなんでも、上手に使ってしまうのがコツです。

ノートは、折るとこんな風になります。

右からでも左からでもチェックできますね。

ノートのサイズは測ってみると、105×148のA6サイズでした。

昔は大きなノートでもつくってましたが、このサイズはちょうど赤シートにも収まるし、

手のひらサイズだし、で使いやすい!

大きなノートのほうが好き♥という方は、無理に小さくしなくても大丈夫!

サイズは違っても、おなじ方法でつくることは可能です。

(ただし、ノートが大きくなると金フレなどの問題集の赤シートではサイズが足りない場合も。

➔赤色の下敷きを買ってみるなど対策してみてね!)

私も最初はべつの目的でノート(ミニサイズのこと)使いはじめたんですが、

意外に使いやすかったのは発見でした。

まとめ

以上、今朝は私の単語ノートのつくり方を紹介しました。

単語ノートや単語帳をつくるときに悩むこと。

それは、どの単語を入れるか?ではないでしょうか?

でも、

誰かがいいと言ったものではなく、自分が気になった単語でつくることに意味がある

と言われています。

自分が1番やりやすい方法で自分が1番気になる単語を覚えることが、

普段の勉強をより効果的にしてくれるということなんですね。

わたしも、試験突破のために必要な単語にまざって、自分が「へえー」と思った単語や、

知っておいたらカッコイイ?と思った単語も書いています。

(案外、そういう単語なのに意外なところで出てきたりするんです!)

難しく考えなくてもだいじょうぶ!

身近なものですごーくいい単語帳がつくれたりするので、「いいな」と思ったものから

取り入れてみてくださいね!

このブログが誰かの学びになれば幸いです。

📙記事で紹介した本はこちら!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントはこちらから!