意外と人気?この季節には欠かせない英語表現


おはようございます。

めぐぺ。です。

 

朝からもわっとした空気。

今日も暑い日になりそうですね。

 

さて、私のYouTubeチャンネルは、

現在の形になるまでいろいろ試行錯誤の時期があったのですが、

朝出勤前に気になった言葉を英語で紹介する、

【1分英語シリーズ】をやっていたことがありました。

 

毎朝ふと降りてきた言葉を英語で紹介するというもの。

当時はまだカメラを持っていなかったので、

毎朝スマホで撮影していました。

1分英語で人気の動画とは?

その中のひとつがこちら↓↓↓

#15 【1分英語】蝉って何て言う?

 

ちょうど今頃の時期で、セミの声が気になる季節。

今年ほど暑くはなかったと思いますが、

家の外は朝からセミの大合唱が聴こえていました。

個人的にすごく意外なのですが、

この動画、1分英語シリーズの中で1番再生回数が多いんです。

本日現在2083回。

なぜか?はわかりませんが、

時々チェックするアナリティクスにも上位で表示されていたので

「あれ?」と思いました。

 

セミは英語でなんて言う?

ちなみに、英語でセミはcicadaと言います。

あんまり話題に上がらない単語かもしれませんね。

単数の発音もちょっと言いにくい単語ですが、

複数形の形や発音も-sだけではないものもあるので

チェックしてみるとおもしろいかもです。

 

cicadaはラテン語で、

はじめて使われたのは14世紀なんだそうですよ。

 

ちなみに、「セミの声」は英語で

shrill of a cicada(cicadas)や、cicada shrillなどと

言います。

shrillには、金切り声、甲高いという意味があるのですが、

セミの声って甲高いの?という気がしなくもありません(笑)

なんだか不思議な感じがしますね。

 

まとめ

以上、今朝は意外とよく観られている

セミの英語表現の動画について紹介しました。

 

しかし!

周りは昔住んでたところのようにそれほど木もたくさんないのに、

セミ達の声はけたたましく聴こえます。。。

一体どこで鳴いているのだろう???

 

たった7日程の音楽会のために

13年〜17年も土の中で暮らすセミ達のことを思うと、

ちょっと切なくなったりもする2018年夏。

 

外に出た時には、

セミの声に耳を済ませてみませんか?
(うるさい?まあ、そう言わずに!)

このブログが誰かの学びに繋がれば幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントはこちらから!