地震でビックリな朝!落ち着いている間に対策しておく!


おはようございます。

めぐぺ。です。

 

今朝は、のんびりスタートだったのですが、

ブログに取りかかったところに、「ゴオーッ」「ガチャガチャ」と言う音がしたと思うと、

マンションがグワングワンとものすごい揺れ。

ミキサーでジュースを作っている様子を外から見ているような感じでしょうか。

 

「地震だ!」と思った次の瞬間、地震速報が「地震です!地震です!」と鳴り、

地震であることを確認しました。

耐震対策で、地震があった時は揺れを分散させるために

建物がしっかり揺れるようになっているとは知っていますが、

普段揺れないものが揺れた時の不安というのは、とても大きいですよね。

 

地震について感じたこと

縦にも横にも、かなり長めに揺れていたように思います。

揺れが続いていた間のしばらく、四つんばいの状態で、

部屋のどこかに放置していたスマホを探しました。

まだ着替えも済んでいなかったので、あわてて着替えていつでも動ける準備を

しようとしたのですが、手が震えてしまいました。(∩´﹏`∩)

以前、東北大震災が起こった時、たまたま出張で東京駅付近にいたのですが、

入りかけた丸ビルのエスカレーターがぐらぐら揺れた後、他の人に続いて外に出たら、

遠くの建設中のビルの屋上で、大きなクレーンが揺れていたのを今でも覚えています。

直後に電車が全線止まり、早々と駅の階段などに座り込む人たちであふれ、

私自身も行き場がなく、駅の近くを何時間もさまよったことがありました。

 

今回は、地元にいるので勝手がわかっているという意味では安心ですが、

前回の熊本地震の時も、大きな本震が数日後に起こったことを考えると、

数日〜1週間くらいは余震が起きる可能性もあるので注意が必要ですよね。

 

地震直後の周辺の状況と対策として行ったこと

おそるおそる部屋の外に出ると、エレベーター前の非常扉が閉まっていました。

街中を歩いてみたら、パニック状態の小学生の子供たちと親御さんたちが、

あちらこちらに集まっているのを見かけました(その後、休校になったようです)。

また、地下鉄(大阪メトロ)の駅も、ゲートがしまっていました。

地震後、まず危険箇所がないか家の中を見回し、ガスの元栓を閉めました。

焦りすぎて、元栓のスイッチがわからなかったくらいでした(^_^;)

暗くなっても対応できるように、ヘッドランプと懐中電灯をチェック。

続いて食料などの確認。

 

災害の時、最初の3日間を生き延びれるかどうかが最重要と言いますよね。

最近休んでいる山活動ですが、以前にまとめ買いしていた登山用の食糧などもあると、心強いですね。

こちらは、水でもお湯でもご飯が食べられるもの(水で60分、お湯で15分)。

コンビニをはしごして、すぐ食べられそうなものも買い足しました(たまたま同じ系列のお店でした)。

安全に過ごせるのが1番ですが、念のため準備。

お惣菜系やおにぎりのコーナーは、すでにほとんど残っていない状態でした。

 

落ち着いている間に、できる準備をしておきましょう!

地震直後は特に被害の情報はありませんでしたが、

時間が経つにつれ段々と状況が明らかになり、地震が大きかったことがわかりますね。

私が今いる地域は、さきほどよりは少し落ち着いたように感じます。

とはいっても、これからしばらくは余震が起こることも十分考えられます。

最新の情報に注意しながら、安全第一で過ごしましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントはこちらから!