日々のインプットをどうアウトプットするか?


おはようございます。

めぐぺ。です。

 

昨日は動画の更新日でした。

#273 スピーチトレーニングを振り返ってみた!

マニアックな練習をしていたりするので、

いわゆる普通の感覚がわからなくなったりしますが、

そんな時に視聴者の方からいただくコメントを読むと、

「そっか。意外と悪くないのかも!」

と感じることができるのでありがたいです。

 

今回も、自分のトレーニングについて

これもアリなんだなと思うきっかけになった

メッセージを元に作りました。

久々にスジナシ撮影になったのですが、

なんとかまとめることができました。

 

筋道を立てて話す英語力をつけたい

私はなんでも面白がるタチなので、

スピーチの練習も、

「自然にできるようになったらカッコいいんじゃね?」

的なノリでやっていました。

TEDのスピーカーの人たちがかっこよく見えたので(笑)

 

英語のエッセイの書き方などについては、

USCPAの受験の時にひと通りやっていたので、

一応のルールは知っていました。

TOEICのスピーキングのテストでも、

短時間の中で結論と根拠を述べなくてはいけないものが

ありますよね。

 

英会話などの、

その場のコミュニケーションをどうするか

ではなくて

ひとつの結論に沿って筋道を立てて話す

のがスピーチ。

 

挨拶の言い回しをたくさん知っているのも

悪くはありませんが、

スピーチのトレーニングをすることで

自分の英語力もワンランクアップするように

感じました。

 

日本語でも英語でも日常的に思考力を鍛える

自分の英語力だけでなく、

思考力やまとめ力諸々も問われますよね。

英語の前に、日本語でもできるかどうか?

普段から自分の力量と対峙している作家の方達は

すごいですね。

 

慣れていないと、

スピーチ1本作るだけでも、脳をフル回転して

ヘロヘロになったりするので、

日常的に論理的に思考するトレーニングを

しておくのがよさそうです。

 

実際、長さに違いはあるものの、

TOEICのS&Wのテストを受験した時は、

なにげなく目にする事象についても、

自分ならどう思うか?を考えて言ってみたり

書いてみたりするようにしていました。

 

日本語でも自分の意見を言えないことを

とっさに英語で答えようと思っても、

言葉が出てこないことがあるからです。

私が何かと「瞬発力!」を話題にするのは、

こういう理由からでもあります。

 

こちらの記事でも書いていますが、

Weblioの英語力診断でできる!瞬発力トレーニング!

よく考えたら知っている、では、ダメ

なんですよね。

特にテストの時は!

 

後になって

「ああ言えばよかった!」

となるのは日本語でもよくあることですが、

英語だと確率も増えそう、、、

 

やはり、日々のトレーニングがカギになるのは

間違いなさそうですね。

 

まとめ

以上、今朝は昨日更新の動画の話題から、

普段のトレーニングの大切さについて書いてみました。

 

自分の英語力をどのレベルにするか?は人それぞれですが、

トレーニングすればしただけの効果はあるものです。

時にはちょっとキツおもしろいくらいの練習をしてみるのも

いいかもしれません。(夏だし!)

 

このブログが誰かの学びになれば嬉しいです。

 

●あわせて読みたい!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントはこちらから!