2018年、夏も「気になる」英語本をチェックしてみた!


おはようございます。

めぐぺ。です。

 

今朝は天気予報の雨、、、

久しぶりに見た夢はコワイ夢でした(*̩̩̩ᵋ *̩̩̩ )

いいことある前兆でしょうか???←ポジティブ

 

さて、昨日動画を更新しました。

 

動画更新しました!

テーマは、「夏の気になる英語本をチェック」

本屋さんの語学本コーナーで、気になった英語本5冊を紹介しました。

 

本をチェックする時のポイントについては、こちらの記事にも書いています。

 

私自身が本を購入する時の決め手は、

  • ハイレベルであればあるほど◎
  • 中身が整理されていてわかりやすい

の2点がありますが、

シーズンごとに本をチェックする時は、いつもとは違った目線からも見ています。

 

今回気になった本は?

なお、昨日動画でも紹介した本はこちらの5冊。

======================================

おしゃれ英語図鑑

======================================

======================================

最低限の単語力でもてっとりばやく英語が話せる

======================================

======================================

いきなり英語スピーキング

======================================

======================================

筋トレ英会話

======================================

======================================

英会話ウケる例文練習帳

======================================

*タイトルが長いものは、一部省略させていただきました。

 

詳しい本の内容については、動画で紹介しています。

動画をご覧いただいてから、ブログに帰ってきてください!

●今週の動画はこちら

 

最近の英語本について感じること

本によっては、読み物としても楽しめそうなものもありますね。

動画でもお話しているように、初級〜中級向けの本が多い印象でした。

そこで気になるのが、以前に読んだ『英語の品格』に書かれていたこと。

「中学英語の英語は本物の英語ではない」

というものです。

 

具体的には、

  • 日本の中学英語の語彙数は、ネイティヴの子供レベルでしかない。
  • 知っている単語を並べても、失礼な英語になっている可能性もある。
  • 大人が話すのだから、大人らしい英語を使えるようになるべき。

というようなことでした。

 

●『英語の品格』を紹介した動画はこちら

 

今の日本の英語学習は、

コミュニケーションできるかどうか?

にフォーカスされているように思うので、コミュニケーションレベルがクリアされた時に

どうなっていくか、がカギのような気がします。

今後の学校での英語教育の着地点をどこにするかによっても、

変わってきそうですね。

 

まとめ

英語、英語と言われる今日このごろですが、簡単に学べるようになっている反面、

話せない人も意外と多いのも事実。

小学生から英語を勉強していても、中学になって文法を学び出した途端、

英語嫌いになる子供たちも多いと聞きます。

 

私も子供の時は音楽感覚で英語に触れていたのに、

学校でSVO…とか言われた途端に、熱が冷めた記憶があります。

(留学時代も何度も泣いた、、、(^_^;))

 

それでも、

今まで勉強を続けているのは、その先の「楽しい!」を知っているから、

なんですよね。

私の動画がみなさんの「楽しい!」のきっかけになれば嬉しいです。

 

●あわせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントはこちらから!