気分よく勉強したいなら、気分がよくなる言葉を使え!


おはようございます。

めぐぺ。です。

 

私が普段意識していること。

それは、「いい言葉を使う」ということです。

自分に関係するものごとについて、否定的な言葉ではなく、

「気分がよくなる言葉」「前向きな気持ちになる言葉」

を使うようにしています。

脳の「こわい」話とは?

というのも、脳には「誰が」という認識がないため、

万が一他の人のことを言っていても、対象はすべて自分のこととして

認識してしまうということや、

「〜がない」「〜が欲しい」ということをいつも考えていると、

「〜がない」「〜が欲しい」と思うことが好きなんだ!と脳が錯覚して、

また「〜がない」「〜が欲しい」と感じる現実が起こる、

という話を聞いたから。

なんともこわい話ですよね。

 

私も以前はマイナス思考になりがちで、

すぐ「なんで〇〇なんだろう?」ということばかり考えていました。

本当はそこから脱したいのに、結局また同じ疑問にぶち当たることばかり。

もういい加減この状態から抜け出したい!

と思った私は、必死で方法を探しました。

そうして知ったのが、この「脳」の習性についてでした。

 

「〜したのに」ではなく、「〜したから」だったとしたら?

例えば、

落ち込んでいるのに、また落ち込むようなことが起きたりしますよね?

「落ち込んでるのに、なんでまた?」なんて思ったりしますが、

実はあれも、そのこと(落ち込んでいるという現状)に意識を向け過ぎているから、

脳は「落ち込んだ状態が好きなんだね!」と認識して、

同じような落ち込む状態にしてくれているというわけ。

本人にしてみれば望んでいないことのようですが、

脳にとっては「(私が)いつも考えている=好き!」という理解なんですね。

だから、脳としては私が喜ぶようにがんばっている?だけなんだとか。

 

私も、このことを知らなかった時は、

「落ち込んでいるのに」

「急いでいるのに」

「〜したのに」

となることが多かったのですが、

実は逆だったんだなと気づきました。

 

落ち込んでいるのに、ではなくて、落ち込んでいる「から」

急いでいるのに、ではなくて、急いでいる「から」

〜したのに、ではなくて、〜した「から」

起きる現実は、すべてその前の行動が起因している。

だから、同じことを言うのであっても、

否定的な言葉が多い時は、肯定的な言葉で言い換えます。

言葉ひとつで目の前の現状が変わるのだとしたら、

そんな簡単なことはありませんよね。

 

使う言葉を意識することでできること

私も、肯定的な言葉の割合を増やすようにしてから、

落ち込んだり不安になったりする頻度もずいぶんと減りました。

もちろん、人間なので不安を感じることもあります。

でも、ずーっと不安なことを考えるのではなく、

「あ、私は今不安なんだな」と受け止めて、

「だいじょぶ。今は行きたい場所に向かってる途中だよ〜」

と言うようにしています。

それだけで、今まで感じていたような大きな不安は感じなくなりました。

なんとも単純のことのように思いますが、

ほんのちょっと見るポイントを変えるだけで気持ちって変えられるもの

なのかもしれません。

 

時々、動画に対してもただただ嘆きのコメントをいただくことがあります。

そういうコメントをいただく度に、

「ああ、この人は今そのことだけに意識を向けているんだな」

と感じます。

– 〇〇という現実が「今」ある。

– じゃあ、そこからどうしたいのか?

を自分に問い続けることが大切なんですよね。

同じ嘆きを続けていると、それがデフォルト設定になります。

自分が望んでいるのは「嘆く」毎日なのか、

ウキウキハッピーな毎日なのか。

私は後者です。

 

まとめ

以上、今朝は「いい言葉を使う」というお話でした。

 

マイナスの言葉を発するのでも、いわゆる「気」というものが発生するので、

回り回って自分のところにまた返って来てしまうそうですよ。

どうせ返ってくるなら、いいパワー、いい「気」が返って来てほしいと思いませんか?

自分以外の人に対して力を尽くしたことが思った結果にならない、

というのは自分以外のことなのでコントロールできないことですが、

自分が自分でできることはしてあげたいですよね。

 

楽しい毎日の1歩は、いい言葉を使うことから!

試してみてくださいね。

Follow 西澤めぐ公式ブログ on WordPress.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントはこちらから!