「恥ずかしいから外国人とは話さない」って何が「恥ずかしい」の?


おはようございます。

めぐぺ。です。

 

昨日は、読んだばかりの『英語の多動力』について書きました。

ホリエモンの『英語の多動力』を読んでみた!

 

今日も、本の中で気になったところについて書こうと思います。

ホリエモンの英語本で共感したところは?

英語の勉強としてはひと通りのことは経験しているせいか、

いつものようなホリエモン節を感じるよりは、

書いてある内容に共感できるポイントも多くありました。

 

そのうちのひとつが、

 ”恥ずかしいから外国人とは話さない、

 間違えるのが怖いから、英語は話さないという人が多い。

 要は恥ずかしいからなのだが、

 いったい何が恥ずかしいのか僕にはよく分からない。”

というところ(P166)。

私も恥ずかしいを感じたことがある

私も、どちらかと言うと完璧主義なので、

ちょっとでもうまく言えないといちいち言い直したり、

間違えたところをいつまでも気にしたり。

自分の英語になかなか自信が持てないところがありました。

 

大学時代も、少しでも英語を話す機会を作ろうと

外国人の先生の授業を取っていたのに、

人前で話すのが恥ずかしくて、話すのは教授室に行った時だけ。

「私何やってるんだ、、、」と情けなく感じたことも(笑)

 

今から思えば、

うまくできなかったり、間違えたりすると

先生に責められたり、周りに笑われたりしたことが

子供心にトラウマになっていたかもしれません。

特に、知っている人の前では「失敗したくない」という

気持ちがありました。

 

状況としては、

====================================================

英語を話す↓

みんなの前で間違えた↓

笑われる(実際は笑ってなくてもそう感じている)↓

チョー恥ずかしい(つд⊂)↓

恥ずかしい思いはしたくない↓

話さなくなる

====================================================

という悪循環。

 

でも、

私達が普段話している日本語がそうであるように、

英語も話さなければうまくなることはありませんよね。

 

「恥ずかしい」のは何について「恥ずかしい」のか?

うちの母も、

アメリカのホストマザーと電話で話す機会を作っても、

相手の声を聴いてもひたすら黙っています(オイ!)

英語の勉強と称して、英語本を読んだり、

英語の音声を聴いているにもかかわらず、

です。

 

理由を聞くと、

「だって、恥ずかしいんだもん」

と言います。

 

その度に、

なんのために勉強しているんだよ!!!とつっこむのですが、

このやり取りが何度も続いていて、さすがに飽きました(笑)

勉強している事実や自分に満足している状況では、

そこから一歩踏み出すのは至難の技かもしれません。

 

だからこそ、

まず勉強をする目的をクリアにすることが、大切なんですね。

 

英語を勉強して、外国人の友人といろんな話をするぞ!

なのか、

英語を勉強するぞ!

なのかで、到達する地点も変わってきます。

私は英語ペラペラになってやるぞ!でしたが、

私の母の場合は、

英語を勉強するぞ!が目的なのかもしれません。

 

そもそもの「恥ずかしい」が

何に対して恥ずかしいのかは不明ですが、

対象がわかれば対処できるところもあるかもしれないので、

「恥ずかしい」と思った時は、

何に対して恥ずかしいのか?を深掘りしてみると

いいかもしれませんね。

 

例えば、

===================================================

●「話す」という行為自体が恥ずかしい

→話すことに慣れるためにも、やはり話す機会を増やす

 

●間違えるのが恥ずかしい

→間違えてもバカにしたり笑ったりしない人と話す、

→話す機会を増やして正しい英語を使えるようにする

→より多くの英語に触れる

 

●「外国人の人と話す」のが恥ずかしい

→場数が少ないことが原因なので、外国の方と話す機会を増やす

→海外に行けば自分も外国人だという自覚をする、

===================================================

などなど、

いろいろ考えることが可能です。

 

どちらにしても、

話す機会を増やすことが1番の解決法にはなりそうですが、

ただ「恥ずかしい」で終わらせるよりも、

より理想には近づけそうです。

 

まとめ

以上、今朝も昨日に続いてホリエモンの『英語の多動力』

についての話題でした。

 

英語という言語をどう使うのか、

によっても勉強の内容や、ゴールにも違ってきますが、

まずは言い訳を考える前に行動することが大切ですよね。

本では、ホリエモンがどう動いているのか?

も垣間見ることができます。

 

他にも気になるポイントがあったので、

また話題にしてみたいと思います。

 

じっくり読んでみたい!という方は、ぜひチェックしてくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントはこちらから!